効率的なダイエットにチャレンジ|病院で痩せるメリットに注目しよう

メジャー

痩身に便利な肥満外来

医者

近年注目を集める肥満外来についてお伝えします。肥満外来とは肥満を治療するという観点から病院でダイエットをサポートする外来のことを指し、少しずつ利用者を増やしています。ここでは肥満外来の情報について見ていきましょう。
まずは、肥満外来の特徴について確認します。肥満外来には「ダイエット外来」などの別名がありますが、医師の診察が行なわれる医療機関である点が共通しています。その特徴は、病院で外科的な処置を行なえるという点です。通常のエステなどでは行なわない投薬治療などが、肥満外来では施されます。また、病院では医師のみならず栄養士や薬剤師などの専門家が一体となって診察に向き合ってくれる点も特徴です。医学の観点からより適切なカウンセリングや診察が受けられます。
肥満外来を受診するにはいくつかの条件があります。BMIが所定の数値を上回っており、かつメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を併発している方が対象となります。詳細は、各クリニックへ問い合わせてみると良いでしょう。また、BMIの設定値は病院によって異なっていることがあります。通常であれば25以上が診察対象とされますが病院によっては35以上の設定である場合があります。
次に、肥満外来で行なう診察について確認します。最初に行なうのは精密検査であることが多いです。精密検査によって採取されるデータから肥満のレベルや合併症の有無などを確認します。病院によっては遺伝子検査を行なう場合もあります。
肥満外来で行なう治療方法には、いくつかの種類があります。まずは食事療法です。栄養士の指導に基づきダイエットに効果的な食事を摂ります。次に運動療法です。無理なく継続して行なうことを目的に様々なプログラムが組まれます。次に行動療法です。これは、習慣を変える療法です。過食や暴飲暴食を抑制するために設けられる療法で、そういった行動が癖になっている方に対して効果的です。次に薬物療法です。投薬治療により脂肪の吸収や食欲を抑え込みます。最後に外科療法です。この療法は他の療法より大がかりな内容となります。外科的な手術を施すことにより食事量を減らします。
療法としては五つ存在しますが、基本的には食事療法、運動療法、行動療法がメインとなります。生活習慣の改善により効果的なダイエットへと繋げるのです。肥満外来では個別のプログラム作成により、診察対象の人に合った治療が施されます。肥満外来が注目を浴びてきている要因の一つであると言えるでしょう。